s n a p


——–
D200 + Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF) + PL
CS
——–

千葉城(亥鼻公園)

なはは、プロの職人芸に脱帽するのは、こういった狙いで写真を撮ろうとした時。
天候、時刻で光を見る眼・・それと画角のチョイス・・
それとなんといってもすごいのが城にかかる桜の枝の一本一本まですべて神経を集中して撮ることができること。

これはお気楽にもほどがあるね。トホホだ。もうちょっと真面目にやらないとダメだね~。
あ・別に酔ってテキトーに撮っている訳ではないんだけど・・ムホホ。

色はレタッチで記憶色にすることはできるけど、それ以前の問題だよね~。

観光ポスターの写真って、合成やら極悪レタッチのテンコ盛りが多いけど、中には足が止まるほどすごい写真があるよね。
完全に本人の好みではなくて「大勢の人に好かれる要素」というのを把握して撮っているんだなぁ。
商業写真家って本当に尊敬するよ。

私はよくプロカメラマンに
「うまいね写真! カメラマンになったら成功するよ!」
なんて言って怒らせているんだけど(笑)、本当は尊敬してるんだよ。いや、ホントに。ホントだってば!