白黒写真

@海浜幕張

きょうは知人の車の助手席に乗っていて、事故に遭ってしまった。

——–
モノクロ写真の愛好家は多い。
白黒の世界なんて、なにもしなくてもそれだけで立派なエフェクトがかかっているわけで、カラー写真を photoshop で調整するよりかなりエゲツナイことをやっていることになる。
適当に撮ってもそれなりの雰囲気になるので、初心者には特にお勧めの技法だ。

追記:
白黒写真のいいところは、色がないので明度の諧調だけを楽しむことができる点だ。
それともうひとつ、見る人が自分の体験で勝手に色を付けられることだ。案外記憶には色の情報は残されていない。白黒写真は見る人の記憶と近いイメージを持っているのでカラーより、思い出として脳内に格納されているイメージに近いのだ。

追記2:
白黒写真は撮影時に液晶で確認なんかしちゃダメ!(笑)。
昔と同じ様に現像するまで結果がわからないほうが楽しめる。
後日、昔と同じように現像から焼きまでのプロセスを楽しむ。
ただ、デジタルは困ったことに何度でもやり直せる・・・。
これがどうもイカン!

現像ソフトで、一回処理をしたらゼッタイ元には戻らないようなソフトを作るべきだ!(笑)
ドキドキハラハラしながら慎重に作業をする。
・・まぁ最終工程の印画紙に焼付ける作業だけは何度かやり直せてもいいけどね。

引き伸ばし機を上下させてサイズを決めたり、ピント操作もシミュレーションできるとおもしろい。
メンドクサイことを手順よくやっていかないと、いい写真はでき上がらなかった。

現像液などの薬剤の調合までシミュレーションしてくれるソフトがあったら、こりゃおもしろくてしょうがないと思うが、どうだろう?
ネガの現像は液温の調整もタイヘンで季節も関係あったし・・・。
現像タンクの攪拌も自分のスタイルがあったよね。
これもマウスでくるくる回せるようにするとかね・・。

タイヘンだよ1枚の写真が仕上がるまで。
だから撮影するときから緊張しておもしろかったんだよね。

それと、当時のカメラ屋はみんな現像から焼きまでやってた。
各店のおやぢのスキルと好みで、店を選んだものだ。
女性ポートレートは鍋横の○○か新宿の○○のおやぢがいい。なんつってね。
ソフトにも、そんなアタリハズレがあるとおもしろい(笑)。秋葉原で買った奴はダメだったとかね!

‘J’

@幕張海浜公園 幕張の浜

ふふ、「J」の文字に反応してしまった・・。
ジェニファーの’J’

昼食をとりながら

@浜田川 幕張メッセの近く

昼休みにカメラ持ってきょうはこっち、あしたはあっちと歩き回ってる。
で、昼食は時間がもったいないので、コンビニのおにぎりにする。
きょうはうなぎ、焼きチャーシューマヨと天むすの3コ。それと缶コーヒー。

孤独

@浜田川 幕張メッセの近く

・・スパイかぁ、どちらかと言うと「昼夜兼用パンパース」と言って欲しいのだけんど・・ヒヒ。

ワイドレンズを使うときはカメラの傾きを・・なんてことはわかってるんだけど、やっぱり背景にビルが入るととんでもないパースの絵になっちゃうね。
気持ち悪い。
35mmカメラでもアオリ調整ができる PC Nikkor 28mm F3.5 ってレンズがあるんだけど、APSサイズでは画角があまり実用的じゃない。
photoshop の変形エフェクトで充分な場合もあるけど、現場でチマチマやるのも「乙」だろうし・・逆に誇張するのもおもしろそう。
20mmデジタル専用でいいから作って欲しいねぇ・・。
まぁ作らないだろうなぁ・・。

今夜は宴じゃ!!

@JR海浜幕張 三井アウトレットパーク幕張

私の大好きなジェニファーちゃんが先月10日から姿を消していた。
もぉ~飯も喉を通らないほど心配してたら、きょうひょっこり現れた・・涙出そう。すっげぇ~嬉しい!!
今夜は一人だけどこれからお祝いだぃ~!!
(写真のハーレーとは”全く”関係ないっス)

河津桜

@JR稲毛海岸駅 JUSCOマリンピア店敷地内

☆このレンズ、手ブレ補正付きでしかも24-120mmとズーム比の高さでも一時は人気のあったレンズ。
しかし、解像感は超低レベル。そのせいか、AFがピントを外す確立がすごく高い(キッパリ)。レンズが暗いせいもあるのかもしれない。
メーカに癒着してる雑誌やカメラマンの言うことを信じちゃいけない!というその見本のようなレンズ。

ニコンが好きな人は、ニッコールレンズのカッチリした解像感が好きな人が多いと聞くけど、このレンズに限ってはそれを期待してはいけない。一言で言えば「駄作」かな? 色ヌケやフレアなど解像感以外は高く評価できるが、発展途上レンズだね。次作に期待したい。頑張れニコンの勤労青少年諸君!(←一流の職人の作ぢゃないのはすぐわかる)

・・だけどさぁ、よく使ってるのよねぇ、このレンズ、へへ。便利。

銀座 ゆう画廊にて

@銀座 ゆう画廊

・田島栄次 松林正人 二人展 -家具と陶器とガラス絵と-
 4日(月)~10日(日) ■銀座 ゆう画廊 03-3561-1376

10日に行った。午後4時になってしまったので搬出寸前。
ゆっくり見られなかった。

写真サイズは彼の通信環境に会わせた。古いパソコン(メモリ32MB!)で画像が大きいとダメらしい。
作品のイスに座ってもらってのスナップ。
ゆう画廊の照明は写真を撮るにはかなり厳しいが、一般家庭と同じような明るさなのがいい感じ。

お返し

Tくんから桃の写真が届いた。
そのお返しになる写真を探したけど、なかった・・。
ということで、ま、きょうの千葉の青空でも・・ひとつ。

月光荘

月光荘:
以前探したときは店がなくなっていたので諦めていたら、
ある時、橋場くんが「あるよ!」って・・。

場所を教えてもらって早速行って来ました。
いや~、嬉しかった。例のドット入りのスケッチブックは
「点ポチブック」という名称だったんですね~。
店にはあの爺さんの写真が小さな額に入って飾られてました。
ちょうど爺さんの娘さん(※)がいて、30年ぶりですと言ったら、
いろいろな話をしてくれました。

※品の良い顔立ち。美人って齢がわかんないね~。

伊東屋によく行くけど、このごろ客は一般人ばかりだなー。
あまりデザイナーとかの強烈な匂いのする人は見かけなくなった。
やっぱコンピュータがツールとして浸透したせいなんだろうね。
デザイン関係の本を買うのは三省堂より伊東屋のほうが多いかな。

追記:
現在は8丁目(花椿通沿い)へまた移転している。2009
http://gekkoso56.exblog.jp/

初めの一歩

暑いねぇ~、暑中見舞い。

って涼しそうな写真がいいと思うけど・・ま、とりあえず。
一気にブログを5個作ってみたのよ・・。
かなり使いやすさとかに開きがあるみたいね。
特に処理が重いところはやってらんね~!って感じ。
画像ファイルの容量制限で100KBまでなんてところもある。
Tくんが写真をUPLOADするのに最適だと思って紹介
することにしたんだけど、ISDNだと・・どこも重くてダメかな?