s n a p


——–
D200 + Ai Nikkor 50mm F1.2S
ISO200 1/2500 f/2.8 +0.7EV
NX2
——–

きのうは夜から雨という予報だったので、前の晩から徹夜して早朝から動き回る予定をしていた。
珍しく”撮る気”が充実。

で、とりあえずだらだらと時間を潰しながら夜明けを迎えた。
が、すぐには外へ出なかった。
寒そう! なのだ。
・・・ここのところ早朝に外出する機会なんてなかったもので、着ていく服選びで思いがけず時間がかかってしまったのだ。

 え~・・普段からファッションには人一倍気を遣っているので なかなか決まらないのだよ服が(笑)。
 まぁ、以上は大ウソである。ファッションに気を遣っているなら、一瞬で服を選ぶことができるからね、ほほほ。
 ま、寒かったのだけは確かで、しかも天はどんよりと曇っているし・・
 イメージしていた黄色と紅の葉を撮るような天候ではなかったのが出足を鈍らせた本当の理由。

しかたないので、400mm望遠レンズで手持ち1/400のトレーニングを10分。
1/250を10分。
その他、200mm 1/200など、部屋の中から遠くのビルなんぞを撮ってPCの画面で等倍でCHECKして遊ぶ。

その他いろいろレンズを変えて、ファインダを覗きながらスクリーン面でマニュアルでピントを合わせる練習も行った。

最近、被写体や環境によってはメガネなしでなんとかピントを合わせられるようになってきたのだ。
老眼が進行してきているせいて、カメラの視度調整だけで済むようになってきたのだ。
被写体や環境であわせられないことも多いけど、やはり裸眼はすべてにおいて快適である。