s n a p


——–
D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8
ISO200 1/500 f/5.6 +0.3EV
NX2
——–

アメイロアリ? 小さくてわかんないね(笑)。

アリのような小さな被写体を画面いっぱいに写すには等倍マクロでは全く役に立たない。
拡張リングやベローズを使えばいいと思うかもしれないが、そうなると拡大はできても被写界深度が浅くなりすぎて観察できるような画像は得られないのである。
いくら絞ってもまるで話しにならないのだ。

では、あきらめるしかないかというと、まだまだいろいろな方法はある。
そのひとつに「針穴とレンズの併用」がある。

針穴だけでは解像度の点で難があるので、レンズの前に針穴を置く方法である。
この方法だと被写界深度の問題はかなりクリアされる。高感度撮影が可能な撮像素子とストロボを持っているような人は是非チャレンジして欲しいものだ。

ファインダ覗いても暗くて被写体が見えないけどね・・。
あ、レンズと言っても顕微鏡のレンズだよん。