SDカードの規格とメーカー独自の速度表記の件



SDカードの規格について疑問があったので、まずは以下のサイトへ行ってみた。
SDアソシエーションのホームページ

このサイトだけでほとんどの疑問は解決するね。
まずは規格をしっかり整理してから wiki で SDカードのページをみるといいかもしれません。
さらにいろいろなことがわかります。

よくSDカードにプリントされている、133x とかの倍速表示は、1倍速が150KB/s ということを覚えておくといいかもしれない。例えば200倍速は 30MB/s。この倍速表記はSDカードの速度表記規格ではありません。メーカーが速度規格以上にアクセス速度が速いことを表すために勝手にやっていることです。
“勝手に”と書いたけど、例えば スピードクラス10 のアクセス速度は 10MB/s だけど、「それ以上だぜぃ~」ということを強く消費者にアピールするための策なんでしょうね。消費者を多少混乱させている気がするけど、どうなんでしょう。

で、まとめ
Nikon D600 を例にすると、本体は SDXC対応 となっているので、SDフルサイズのカードならすべての規格を使うことができます。
私は1日で約500カットくらいは撮るので、1枚のSDカードで済ませようとすると、ロスレス圧縮のRAWデータが約30MBなので、16GBのカードだとギリギリ。32GBあれば余裕ですね。32GBならたまに動画を撮ってもいいような気がしてきます。32GBまでならSDHC規格のカメラやPCで何の変更もなく使えます。ちなみに SDXCカードを SDXC規格に対応していないカメラやカードリーダーで使うとデータが破壊されてしまうこともあるとか・・。この点でもSDHCカードのほうがなにかと安心ですね。
そして D600本体のメモリアクセス速度は UHS-I 規格対応となっているので、BUSスピードは 50MB/s。この速度に近い書き込み速度のカード(あるいは 300倍 か 400倍表記 のカード)を選べばよさそうです。ただし、速度はデバイス機器との相互関係で実際には表記より遅いのが普通なので予算が許す限り高速のものを選んだほうがいいでしょうね。

以上のことから、
SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I カード 32GB SDSDXPA-032G-J35
を第一候補に決定します。

とりあえず、カメラに付属するカードや手持ちのカードを使ってみて撮影にストレスを感じてからGETしようかと思ってます。

NEWS
25日の夜に某カメラショップから「入荷した」と案内がありました。26日に手に入りそうですが、当初の発売日より1日早い・・。
そんなことはどうでも、ボディのみの注文なのでレンズを持っていかなくては!!
・・何を持っていこうかな・・。やっぱ 50mm F1.4D かな・・。20mm F2.8 も 24mm F2.8 も。
くくく、やっと本来の画角で・・・・な・泣いてしまうかも。なのだ。

思えばヘンな時代が続いたよね・・。
といっても、散歩カメラとしてつかう時はクロップモードでキットレンズのDXレンズ(18-55mm)で楽しむつもりなのよね~。ふふ

35mm”フルサイズ”なんて言葉を平気で使ってたなあ。

——–
D200 + AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II + PL
ISO200 1/640 f/5.6 18mm(27mm)
NX2
——–

2012.09.26追記
XP(sp3)にexFATのパッチ当てしたんだけど、まだ必要なかったね。