Trebuchet MS の使用を止めた(IE8 対策)

今更の情報ですが、IE8はフォントサイズがおかしい。
バグのようでもあるが、プログラムミスかどうかはわからないが、このブログでも使用している、Trebuchet MS フォントを使用すると、英文字は指定のサイズになるが和文がとんでもない大きさになってしまうことがある。
pixel 指定するといくらか問題が起きにくくなるが、根本的に対策をしなければいけないようだ。

ということで、Trebuchet MS の使用を止めることにした。
このフォント、フーツラメディウムっぽくて大好きなんだけどね・・・。

で、代替のフォントでしばし悩んでしまった。
Tahoma とかやだ~! よね(笑)?

っつーことで三日三晩、七転八倒して悩んだ果てに(ウソだぴょん~)極々当たり前のフォントにしてしまった。
ただ、ブログタイトルだけは Candara にした。

これ、vista に標準搭載されているフォントなんだけど、g がいいのよね(眼鏡の g )。この形だと安心できる(笑)。
ま、小さい文字でも判読性が高いってことで 最近は この形の g のフォントを採用するページデザインが多くなっているとか。
本文関係も Candara で統一しようと思ったけど、フォントサイズが小さいのでバランスをとるのに時間がかかるので今回はパス。

え~と、 vista じゃない人はどーしたら Candara を手に入れることができるのかっつーと、よい方法があるようです。
マイクロソフトから「PowerPoint Viewer 2007」なんつーフリーのソフトをダウンロードしてインストールすると、このフォントが自動で入るらしい。
ちなみに、Calibri、Cambria、Cambria Math、Candara、Consolas、Constantia、Corbel の7つのフォントが手に入るようです。

※妙っつーより、ミヨゥ~オだ。手書き風の雰囲気がそう思わせているのかも。イタリックがいい感じなんだけど、ツンとした感じがしなくていいと思わない?