日中シンクロなのだ



内臓ストロボの光をレンズペーパーで拡散させてみた。
20mmレンズに常時付けているフード(HB-4)の影が妙な効果を生み出してくれた・・・ようだ。
——–
D70 + Ai AF Nikkor 20mm F2.8
ISO200 1/500 f/16 -1.7EV 内臓ストロボ使用
NC
——–
ほとんどのレンズにはフードが付属する。
35mmフルサイズ用のレンズならば当然35mmフルサイズ用のフードだ。
DXフォーマットのカメラで使用する場合は効果は薄い。
このフードの効果を最大限発揮させる最も簡単な方法は、フードをレンズ前に繰り出すように装着させればよい。
つまり、筒だけあればよいのだ。しかし、そんな都合の良いものはない・・。
どこかのメーカが作ってくれないかな。
「汎用キットでもいいから作ってくれよぅ~!」

黒い紙で簡易フードを自作している人もいるようだけど、みんなフードなんて気にしないでそのまま使ってるのかしらん?
単焦点の場合は、例えば28mmレンズには50mm用のフードが使えるけど、ズームレンズ用のものを探すのは結構タイヘンだよね。