X’masとポインセチアと現像ソフト



いつも使っているニコンキャプチャー、そしてシルキーピックス、フォトショップCSの3つの現像ソフトでデフォルト設定で同じRAWデータを現像してみた。
「赤=イメージ記憶色」「質感」「諧調」をキーワードにしてそれぞれを見比べてみると・・。
結論としては優劣はないし、ひとつに決める必要もないね。

質感がグチャグチャでそこを見たら目をそむけたくなる画像だが、「クリスマスのポインセチア」ということならニコンキャプチャでもなんら問題はない。
むしろ、このくらい赤が飽和していると調整しようがないので「楽」だ。
誰かに何か言われたら、すべて
『カメラのせいにすればよい』
のだ。